May 7, 2018 / 1:10 AM / 14 days ago

原油先物は3年半ぶり高値圏、イラン核合意巡る米国の決定控え

[シンガポール 7日 ロイター] - 7日のアジア取引で原油先物は、イラン核合意を巡るトランプ米大統領の決定を12日に控え、2014年終盤以来の高値付近で推移している。

 5月7日、アジア取引で原油先物は、イラン核合意を巡るトランプ米大統領の決定を12日に控え、2014年終盤以来の高値付近で推移している。写真はバンコクのガソリンスタンドで2016年1月撮影(2018年 ロイター/Athit Perawongmetha)

0035GMT(日本時間午前9時35分)現在、北海ブレント先物LCOc1は0.07ドル(0.1%)高の1バレル=74.94ドル。

米WTI原油先物CLc1も0.07ドル(0.1%)高の1バレル=69.79ドル。WTI原油先物は4日、一時69.97ドルと2014年11月以来の高値を付けた。

先物ブローカー、アクシトレーダーのチーフマーケットストラテジスト、グレッグ・マケナ氏は、原油の値動きから判断すると、市場はトランプ大統領が核合意から離脱するとみていると指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below