May 8, 2018 / 1:37 AM / 13 days ago

原油先物が下落、イラン核合意巡る米大統領の決定待ち

[東京 8日 ロイター] - アジア時間8日午前の取引で原油先物は下落し、前日までの3年半ぶり高値圏から後退した。

 5月8日、アジア時間午前の取引で原油先物は下落し、前日までの3年半ぶり高値圏から後退した。写真はガソリンスタンドの給油ポンプ。2月にメキシコで撮影(2018年 ロイター/Edgard Garrido)

トランプ米大統領が7日、イラン核合意からの離脱の是非に関する決定を8日1800GMT(日本時間9日午前3時)に発表すると明らかにしたことを受け、市場には様子見ムードが広がっている。

米国が核合意から離脱する場合、イランからの原油輸出は打撃を受ける可能性があり、原油市場における需給のタイト化がさらに進むとみられる。

0024GMT(日本時間午前9時24分)現在、米WTI原油先物CLc1は0.63ドル(0.9%)安の1バレル=70.10ドル。

北海ブレント原油先物LCOc1は0.53ドル(0.7%)安の1バレル=75.64ドル。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below