May 8, 2018 / 9:43 PM / 6 months ago

原油先物は乱高下、米のイラン核合意離脱受け

 5月8日、原油先物相場は、一時4%近く値下がりした後、トランプ氏の核合意離脱表明でいったんプラスに転じるなど、値動きの荒い展開となった。仏パリ近郊の石油採掘場で4月撮影(2018年 ロイター/Christian Hartmann)

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 8日の原油先物相場は、トランプ米大統領がイランと欧米など6カ国が2015年に締結した核合意から離脱し、対イラン経済制裁を再開すると表明したことを受け、安値から一部値を戻した。

相場は一時4%近く値下がりした後、トランプ氏の核合意離脱表明でいったんプラスに転じるなど、値動きの荒い展開となった。

北海ブレント原油先物LCOc1は1.7%安の74.85ドルで清算。米国原油の指標であるWTI(ウェスト・テキサス・インターミディエイト)原油先物CLc1は2.4%安の69.06ドルで清算。

*写真を付け、カテゴリーを追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below