June 12, 2018 / 1:27 AM / 4 months ago

原油先物は上昇、米朝首脳会談でトランプ氏「多くの進展」

[シンガポール 12日 ロイター] - 原油先物価格は上昇している。トランプ米大統領がシンガポールできょう行った米朝首脳会談について「多くの進展」があったとの認識を示し、朝鮮半島の核問題を巡る膠着状態が終わりを迎えるとの期待が広がった。

 6月12日、アジア時間の取引で、原油先物価格はほぼ変わらず。シンガポールで間もなく開催される米朝首脳会談の行方に注目が集まっている。写真はテキサス州の石油掘削リグ。昨年5月撮影(2018年 ロイター/Ernest Scheyder)

0640GMT(日本時間午後3時40分)現在、ブレント先物LCOc1は0.26ドル(0.3%)高の1バレル=76.72ドル。

米原油先物CLc1は0.32ドル(0.5%)高の1バレル=66.42ドル。

トランプ大統領は合意文書に署名した後、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談について「非常にポジティブだった」と述べた。

また堅調な需要と石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産も原油相場を支援している。

*内容を更新します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below