June 18, 2018 / 3:45 PM / 3 months ago

原油先物が反発、OPECと非加盟国の会合控え安値買い

[ロンドン 18日 ロイター] - アジア時間に下落していた原油先物は欧州時間に反発した。今週開催さされる石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC有力産油国の会合では、増産で合意することが広く予想されている。また米中の貿易摩擦の影響も懸念されている。

米WTI原油先物は一時2カ月ぶり安値となる1バレル=63.59ドルを付けたが、1330GMT(日本時間午後10時30分時点)で0.3%高の65.25ドルで推移。

北海ブレント先物もアジア時間から持ち直し、1ドル超上昇。1.1%高の74.27ドルとなっている。

PVMオイル・アソシエイツのアナリストは、OPECと非加盟国の会合を前に安値で買いが入ったと指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below