June 26, 2018 / 2:15 AM / 5 months ago

原油先物が上昇、リビアの輸出巡る不透明感で

 6月26日、アジア時間序盤の取引で、原油先物が上昇した。リビアの石油輸出を巡る先行き不透明感が背景。写真は油田の警備員と握手するリビアのハリファ・ハフタル氏(右から3人目)ウバリ近郊で昨年7月撮影(2018年 ロイター/Aidan Lewis)

[シンガポール 26日 ロイター] - アジア時間26日序盤の取引で、原油先物LCOc1CLc1が上昇した。リビアの石油輸出を巡る先行き不透明感が背景。ただし、石油輸出国機構(OPEC)の増産合意を受けて、引き続き上値が重い展開になっている。

0104GMT(日本時間午前10時04分)現在、北海ブレント先物は0.22ドル(0.3%)高の1バレル=74.95ドル。米WTI原油先物は0.25ドル(0.4%)高の68.33ドルで推移。

リビア東部の実力者であるハリファ・ハフタル氏が率いる武装集団は、石油積み出し港の支配権をベンガジの国営石油会社(NOC)に引き渡した。ベンガジのNOCは海外では承認されていない。リビア産原油の買い手は通常、国際的に認められているトリポリのNOCを通じて取引をしており、支配権の引き渡しで不透明感が強まる可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below