July 19, 2018 / 2:02 AM / 3 months ago

原油先物はまちまち、強弱材料が綱引き

[東京 19日 ロイター] - アジア時間中盤の原油先物はまちまち。米国のガソリン在庫や留出油在庫が予想外に減少した一方、米国の原油生産が初めて日量1100万バレルを記録するなど、強弱材料の綱引きとなっている。

 7月19日、アジア時間中盤の原油先物はまちまち。米国のガソリン在庫や留出油在庫が予想外に減少した一方、米国の原油生産が初めて日量1100万バレルを記録するなど、強弱材料の綱引きとなっている。写真はアルバータ州の原油タンク。2016年11月撮影(2018年 ロイター/Chris Helgren)

0401GMT(日本時間午後1時01分)の北海ブレント先物LCOc1は0.11ドル(0.2%)安の1バレル=72.79ドル。

米WTI原油先物CLc1は0.06ドル(0.1%)高の68.82ドル。

米エネルギー情報局(EIA)が18日に発表した週間石油在庫統計では、ガソリン在庫が320万バレル減少、留出油在庫は37万1000バレル減少した。ロイター調査ではガソリン在庫がほぼ横ばい、留出油在庫は約90万バレル増と予想されていた。

ただEIAによると、米国の原油生産は日量1100万バレルを記録。週間統計の数字が月間統計で確認されれば、米国はロシアに次いで世界で2番目の原油生産国となる。

また、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国による6月の減産合意の順守率は120%前後と、5月の147%から低下したもよう。これも市場への供給量の増加を意味する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below