December 5, 2018 / 1:41 AM / 9 days ago

米原油先物は1%安、景気減速懸念受けた株安で

 12月5日、アジア時間序盤の米原油先物は1%下落。景気減速への懸念を背景とした世界的な株安が重しとなっている。アルバータ州の石油掘削リグ。2014年7月撮影(2018年 ロイター/Tood Korol)

[シンガポール 5日 ロイター] - アジア時間序盤の米原油先物は1%下落。景気減速への懸念を背景とした世界的な株安が重しとなっている。

0057GMT(日本時間午前9時57分)現在、米WTI原油先物CLc1は0.54ドル(1%)安の1バレル=52.71ドル。

世界経済の先行きは米中が貿易摩擦を解消できるかが鍵となるが、トランプ米大統領は4日、望ましい通商取引で中国と合意できなければ、中国からの輸入品に「大規模な関税」を課すと警告した。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチは4日に公表した2019年の経済見通しで「大半の主要国は活動が減速する可能性が高い」と指摘した。ただ、「一貫した金融・財政刺激策」が減速を抑制するとの見方も示した。

北海ブレント先物とWTI原油先物については、19年の平均価格をそれぞれ70ドルと59ドルと予想した。

今年これまでの平均価格は北海ブレントが72.80ドル、WTIが66.10ドルとなっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below