December 6, 2018 / 1:58 AM / 9 days ago

原油先物は下落、OPEC総会控え警戒感

 12月6日、アジア時間の原油先物は薄商いのなか、下落。石油輸出国機構(OPEC)の総会を控え、警戒感が広がっている。写真は自家用車に給油する男性。ロンドンで2016年1月撮影(2018年 ロイター/Paul Hackett)

[シンガポール 6日 ロイター] - アジア時間の原油先物は薄商いのなか、下落。石油輸出国機構(OPEC)の総会を控え、警戒感が広がっている。

0109GMT(日本時間午前10時09分)現在、米WTI原油先物CLc1は0.32ドル(0.6%)安の1バレル=52.57ドル。

北海ブレント先物LCOc1は0.17ドル(0.3%)安の61.39ドル。

原油価格は供給が増加するなか、景気減速による燃料需要鈍化への懸念から10月上旬以降、約30%下落している。

OPECは6日にウィーンで開く総会で、供給過剰に対応するため減産を決めるとみられている。

ANZ銀行は「市場は日量100万─130万バレルの減産を見込んでいる」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below