December 17, 2018 / 10:10 PM / 3 months ago

米原油先物、一時昨年9月以来の安値 供給過剰や成長懸念受け

 12月17日、米国時間の原油先物相場は2%超下落し、米WTI原油先物は昨年9月以来の安値を付けた。米国内の供給過剰を示す兆候や、世界経済成長や燃料需要を巡る懸念が引き続き重しとなった。2017年撮影(ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米国時間17日の原油先物相場は2%超下落し、米WTI原油先物は昨年9月以来の安値を付けた。米国内の供給過剰を示す兆候や、世界経済成長や燃料需要を巡る懸念が引き続き重しとなった。清算値は北海ブレント先物LCOc1が0.67ドル(1.11%)安の1バレル=59.61ドル、米WTI原油先物CLc1は1.32ドル(2.58%)安の同49.88ドル。

WTI原油先物は、49.09ドルの安値に沈む場面もあった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below