March 13, 2019 / 1:58 AM / 6 days ago

原油先物は堅調、サウジの輸出削減計画や米生産見通し引き下げで

 3月13日、アジア時間の原油先物は小幅高。サウジアラビアの輸出削減計画や米生産見通し引き下げに支援されている。写真はサウジアラビア国有石油会社・サウジアラムコの石油精製施設。ルブアルハリ砂漠のシェイバー油田で昨年5月に撮影(2019年 ロイター/Ahmed Jadallah)

[シドニー 13日 ロイター] - アジア時間の原油先物は小幅高。サウジアラビアの輸出削減計画や米生産見通し引き下げに支援されている。

0039GMT(日本時間午前9時39分)時点で、北海ブレント先物LCOc1は0.26ドル(0.4%)高の1バレル=66.93ドル。11日には67.39ドルまで上昇し、2月25日以来の高値を付けていた。

米原油先物CLc1は0.30ドル(0.5%)高の57.17ドル。

米エネルギー情報局(EIA)は12日、2019年の米原油生産見通しを日量で平均約1230万バレル(135万バレル増)とし、当初の1241万バレルから下方修正した。

また、サウジの当局者が11日に明らかにしたところによると、同国は4月の原油輸出を日量700万バレル未満に引き下げる一方、日量1000万バレルを大きく下回る生産量を維持する見通し。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below