September 24, 2019 / 2:58 AM / 3 months ago

原油先物は軟調、需要への懸念が再燃

 9月24日、原油先物は軟調。欧州と日本の低調な製造業関連統計を受け、悲観的な需要見通しが意識された。写真は中国・黒龍江省で撮影(2019年 ロイター)

[シンガポール 24日 ロイター] - 24日の原油先物は軟調。欧州と日本の低調な製造業関連統計を受け、悲観的な需要見通しが意識された。ただ、サウジからの供給途絶を巡る不透明感が下値を支えている。

0154GMT(日本時間午前10時54分)時点で、北海ブレント先物LCOc1は29セント安の1バレル=64.48ドル。米WTI原油先物CLc1は24セント安の1バレル=58.40ドル。

CMCマーケッツ(シドニー)のシニア市場アナリスト、マイケル・マッカーシー氏は欧日のさえない製造業指標に触れ、「需要サイドの問題が再び注目されており、現時点でわれわれはWTIよりもブレントにやや(下押し)圧力を感じている」と述べた。

一方、サウジの石油施設攻撃を受け、原油価格は年初来で比較的高い水準にとどまっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below