September 24, 2019 / 9:32 PM / 23 days ago

原油先物2%超下落、米大統領の中国批判でサウジ攻撃後安値に

24日の原油先物価格は2%以上下落し、サウジアラビアの石油施設が攻撃された9月14日以降の安値を付けた。キューバのBoca de Jarucoで23日撮影(2019年 ロイター/ALEXANDRE MENEGHINI)

[ヒューストン 24日 ロイター] - 米国時間の原油先物価格は2%以上下落し、サウジアラビアの石油施設が攻撃された9月14日以降の安値を付けた。トランプ米大統領の国連演説を受け、米中貿易摩擦への懸念が再燃した。

トランプ大統領は24日、国連総会で行った演説で中国の通商を巡る慣習を改めて非難し、米中通商協議で望ましくない合意は容認しないとの考えを示した。

清算値は北海ブレント原油先物LCOc1が1.67ドル(2.6%)安の1バレル=63.10ドル。米WTI先物CLc1は1.35ドル(2.3%)安の57.29ドル。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below