September 26, 2019 / 8:23 PM / a month ago

米原油先物横ばい、米国防総省の中東への軍事配備発表が支援

米国時間の原油先物はほぼ横ばい。トランプ米大統領の弾劾調査に関連する新情報が重しとなった一方、米国防総省の中東への軍事配備発表を受け、供給懸念が高まり、原油先物を支援した。テキサス州ウィンク近郊で昨年8月撮影(2019年 ロイター/Nick Oxford)

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 米国時間の原油先物はほぼ横ばい。トランプ米大統領の弾劾調査に関連する新情報が重しとなった一方、米国防総省の中東への軍事配備発表を受け、供給懸念が高まり、原油先物を支援した。

北海ブレント先物LCOc1の生産値は0.35ドル(0.6%)高の1バレル=62.74ドル。米WTI原油先物CLc1は0.08ドル安の56.41ドル。国防総省の発表を受け、一時プラスに転じた。

原油先物は終盤にかけ下げ幅を縮小。米国防総省がサウジアラビアの防衛強化に向け、レーダーシステムや地対空ミサイルシステム「パトリオット」を配備するほか、約200人の米軍兵士を増派すると発表した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below