October 1, 2019 / 9:17 PM / 17 days ago

原油先物は下落、軟調な米経済指標で需要見通しに陰り

米国時間の原油先物は下落。軟調な米経済指標が原油需要見通しに影を落とし、原油価格を圧迫した。ブラジルのサン・ジョゼ・ドス・カンポスで9月撮影(2019年 ロイター/ROOSEVELT CASSIO)

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 米国時間の原油先物は下落。軟調な米経済指標が原油需要見通しに影を落とし、原油価格を圧迫した。一方、石油輸出国機構(OPEC)の産油量減少を示すロイター調査が下値を支えた。

北海ブレント先物LCOc1の清算値は0.36ドル安の1バレル=58.89ドル。米WTI原油先物CLc1は0.45ドル安53.62ドル。

米供給管理協会(ISM)が1日公表した9月の製造業景気指数は47.8と、前月の49.1から悪化し、2009年6月以来の低水準となった。米中貿易摩擦が企業業況感を悪化させており、第3・四半期に米景気が急速に減速した可能性に懸念が強まった。

取引原油先物は序盤に上昇。ロイターの調査によると、石油輸出国機構(OPEC)の9月の産油量は日量2890万バレルと、前月から同75万バレル減少し、2011年以来8年ぶりの低水準となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below