October 3, 2019 / 2:04 AM / 11 days ago

原油先物は続落、米在庫増と景気懸念で

 10月3日、原油先物価格は続落している。軟調な経済指標を受けた需要減少懸念や、予想を上回る米原油在庫の増加が圧迫材料となっている。写真は8月に中国・黒竜江省で撮影(2019年 ロイター)

[シンガポール 3日 ロイター] - 原油先物価格は続落している。軟調な経済指標を受けた需要減少懸念や、予想を上回る米原油在庫の増加が圧迫材料となっている。

0052GMT(日本時間午前9時52分)時点でブレント先物LCOc1は0.17ドル(0.3%)安の1バレル=57.52ドル。前日は2%下落した。

米WTI先物CLcは0.09ドル(0.2%)安の52.55ドル。前日は1.8%下落した。

米景気減速懸念や欧州の企業決算の軟調、米中貿易摩擦により世界経済が景気後退(リセッション)入りするとの警戒感から、主要国の株式市場は2日、約1カ月ぶり安値をつけ、原油にも売りが波及した。

米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間の石油在庫統計は、原油在庫が310万バレル増加し、予想(160万バレル)以上に増加し、相場を圧迫した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below