October 15, 2019 / 3:04 AM / a month ago

原油先物は続落、弱い中国経済指標や米中部分合意への懐疑的見方で

 10月15日、原油先物は15日のアジア時間に続落。写真は8月にアメリカ・テキサス州で撮影(2019年 ロイター/Jessica Lutz)

[シンガポール 15日 ロイター] - 原油先物は15日のアジア時間に続落。9月の中国経済指標の弱い内容を受けて、米中の「第1段階」の通商合意の実効性を巡る懸念が強まった。

0142GMT(日本時間午前10時42分)時点で、北海ブレント先物LCOc1は0.30ドル(0.5%)安の1バレル=59.067ドル。米WTICLc1は0.21ドル(0.4%)安の53.38ドル。

ANZ銀のアナリストはリサーチノートで「中国の9月の輸出入は予想よりも大幅に減少した。現行の関税と世界的な貿易の減速が需要を押し下げた」と指摘。また、米中の合意に懐疑的な見方も市場心理を引き続き圧迫したという。

中国税関総署が発表した9月の貿易統計によると、輸出は2月以来の大幅な減少となり、輸入も5カ月連続の減少となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below