December 23, 2019 / 9:47 PM / 8 months ago

原油先物、ほぼ変わらず OPECプラスは減産縮小検討へ

 23日、原油先物は薄商いの中ほぼ変わらずとなった。写真は12月20日撮影(2019年 ロイター/Stephane Mahe)

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 23日の取引で、原油先物は薄商いの中ほぼ変わらず。米中が近く「第1段階」の通商合意に署名するとの楽観的な見方が相場を支える半面、石油輸出国機構(OPEC)にロシアなどの主要産油国を加えた「OPECプラス」が来年に減産規模の縮小を検討する可能性があるとのニュースが注目された。

北海ブレント先物LCOc1の清算値は0.25ドル(0.4%)高の1バレル=66.39ドル。米WTI原油先物CLc1は0.08ドル(0.1%)高の60.52ドル。

ロシアのノバク・エネルギー相は23日放送のテレビインタビューで、OPECプラスが来年3月の会合で減産規模の縮小を検討する可能性があると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below