for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物が約3ドルの急伸、米軍のイラン司令官殺害で供給懸念

 1月3日、アジアの原油先物市場で北海ブレントが約3ドル急伸し、昨年9月以来の高値をつけた。米軍がイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官ら2人を空爆で殺害したことを受け、中東情勢の緊迫が原油供給に影響するとの懸念が広がっている。米テキサス州で昨年2月撮影(2020年 ロイター/Nick Oxford)

[シンガポール 3日 ロイター] - アジアの原油先物市場で北海ブレントが約3ドル急伸し、昨年9月以来の高値をつけた。米軍がイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官ら2人を空爆で殺害したことを受け、中東情勢の緊迫が原油供給に影響するとの懸念が広がっている。

ブレント先物LCOc1は約3ドル高で9月17日以来の高値となる1バレル=69.16ドルまで上昇。

米WTI先物CLc1は63.84ドルまで上昇し、5月1日以来の高値をつけた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up