May 12, 2020 / 9:24 PM / 22 days ago

原油先物は上昇、OPECプラスが協調減産継続の意向

米国時間の原油先物は上昇。石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」による協調減産継続が伝わり、支援材料となった。ノースダコタ州ウィルストンで2013年3月撮影(2020年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米国時間の原油先物は上昇。石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」による協調減産継続が伝わり、支援材料となった。

清算値は、米WTI原油先物CLc1で1.64ドル(6.8%)高の1バレル=25.78ドル。北海ブレント先物LCOc1で0.35ドル(1.2%)高の29.98ドル。

ロイターは12日、関係筋の話として、OPECプラスが6月以降も現行水準の協調減産を継続する意向であると報じた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below