May 18, 2020 / 9:16 PM / 15 days ago

原油先物2カ月ぶり高値、新型コロナワクチンの治験結果受け

米国時間の原油先物は急伸。約2カ月ぶりの高水準となった。新型コロナウイルスのワクチン開発を巡る初期段階での治験で有望な結果が示されたほか、経済活動再開を巡る楽観的な見方や減産順守の兆候などが買い材料となった。テキサス州ミッドランドで2018年8月撮影(2020年 ロイター/Nick Oxford)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米国時間の原油先物は急伸。約2カ月ぶりの高水準となった。新型コロナウイルスのワクチン開発を巡る初期段階での治験で有望な結果が示されたほか、経済活動再開を巡る楽観的な見方や減産順守の兆候などが買い材料となった。

清算値は北海ブレント先物LCOc1が2.31ドル(7.1%)高の1バレル=34.81ドル。米WTI原油先物CLc1が2.39ドル(8.1%)高の31.82ドル。共に3月11日以来の高値となった。

バイオ医薬大手の米モデルナ(MRNA.O)は18日、同社が開発を進める新型コロナウイルスワクチンが初期段階の小規模治験で有望な結果を示したと発表した。

また、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」メンバーが5月前半に原油輸出を急減させたことが、調査会社の調べで分かった。新たな減産合意が順調に開始されたことが示された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below