June 1, 2020 / 1:18 AM / a month ago

原油先物、米抗議デモ拡大で下落 OPEC会合前倒し観測は下支え

白人警官による暴行で黒人男性が死亡した事件への抗議デモが全米各地の主要都市に広がる中、需要減退への懸念から原油先物が下落している。写真は2018年8月、テキサス州ミッドランドで撮影(2020年 ロイター/Nick Oxford)

[ニューヨーク 31日 ロイター] - 白人警官による暴行で黒人男性が死亡した事件への抗議デモが全米各地の主要都市に広がる中、需要減退への懸念から原油先物が下落している。

一方、石油輸出国機構(OPEC)にロシアなど非加盟産油国を加えたOPECプラスが6月の会合を前倒しするとの観測が下支え要因となっている。

米中西部ミネソタ州ミネアポリス近郊で黒人男性が白人警官から首を圧迫され死亡した事件を受け、米主要都市では30日、暴徒化したデモ隊と警察が激しく衝突。31日夜も抗議活動が続くとみられている。

2135GMT(日本時間6月1日午前6時35分)時点で、米WTI原油先物7月限CLc1は0.24ドル安の1バレル=35.25ドル。北海ブレント先物8月限LCOc1は0.16ドル安の37.68ドル。いずれも前週末29日は大きく上昇していた。

アナリストによると、OPECプラスが6月の会合を前倒しするとの観測が下値を支えている。

プライス・フューチャーズのシニアアナリスト、フィル・フリン氏は「追加減産や会合前倒しのうわさが価格を支えた」と述べた。

OPEC議長国アルジェリアがOPECプラス各国に送った書簡によると、アルジェリアは6月9─10日に予定されている会合を6月4日に前倒しすることを提案している。

関係筋によると、ロシアは会合の前倒しに異論はないという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below