for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物2%高、状況正常化への期待で コロナ感染拡大は懸念

米国時間の原油先物は、新型コロナウイルス感染拡大への懸念が出ているものの、主要産油国の供給減などを反映し約2%上昇した。ノースダコタ州ウィリストンで3月撮影(2019年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 米国時間の原油先物は、新型コロナウイルス感染拡大への懸念が出ているものの、主要産油国の供給減などを反映し約2%上昇した。

清算値は、北海ブレント先物LCOc1が0.89ドル(2.1%)高の1バレル=43.08ドル、米WTI原油先物CLc2が0.90ドル(2.3%)高の40.73ドル。

トラディション・エナジー(コネチカット州)のバイスプレジデント、ジーン・マクギリアン氏は「新型ウイルス感染拡大を巡る懸念は出ているものの、状況が正常化するとの期待から相場は引き続き上昇している」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up