July 10, 2020 / 2:25 AM / a month ago

原油先物下落、週間でも下落へ コロナ感染再拡大で需要回復に懸念

 7月10日、原油先物価格は急落した前日からさらに下げ幅を拡大、週間ベースでも下落を記録する見通しだ。写真はカナダのアルバータ州の油田2014年7月撮影(2020年 ロイター/Todd Korol)

[東京 10日 ロイター] - 原油先物価格は急落した前日からさらに下げ幅を拡大、週間ベースでも下落を記録する見通しだ。米国など世界各地で新型コロナウイルスの感染者が急増する中、ロックダウン(都市封鎖)の再導入で燃料需要が抑えられるとの懸念が重しとなっている。

0114GMT(日本時間午前10時14分)時点で、北海ブレント先物LCOc1は0.07ドル(0.2%)安の1バレル=42.28ドル。前日は2%超下げていた。

米WTI先物CLc1は0.13ドル(0.3%)安の1バレル=39.49ドル。前日は3%下げていた。

このまま推移すると、週間ではブレントは1%超、米WTIは3%近く下げる見通し。

多くのアナリストは、新型コロナで打撃を受けた経済も燃料需要も回復すると見込んでいるものの、世界最大の石油消費国である米国で今週に1日当たりの新規感染者が過去最多を記録したことで、回復ペースに懸念が生じている。

原油在庫の増加も懸念材料。米エネルギー省情報局(EIA)が8日発表した週間石油在庫統計によると、3日までの週の原油在庫は約600万バレル増と、アナリストの減少予想(310万バレル減)に反して増加した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below