for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物は下落、米景気対策に期待も新型コロナが圧迫

[メルボルン 29日 ロイター] - アジア時間の原油先物は下落。米景気対策を巡る合意が近づいているとの期待が出ているが、新型コロナウイルスの流行を受けた需要に対する懸念が重しとなっている。

 9月29日 アジア時間の原油先物は下落。米景気対策を巡る合意が近づいているとの期待が出ているが、新型コロナウイルスの流行を受けた需要に対する懸念が重しとなっている。写真は2019年11月、米テキサス州ラビング郡で撮影(2020年 ロイター/Angus Mordant)

0120GMT(日本時間午前10時20分)現在、米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物CLc1は0.17ドル(0.4%)安の1バレル=40.43ドル。北海ブレント先物LCOc1は0.17ドル(0.4%)安の42.26ドル。

WTIと北海ブレントは前日1%値上がりした。

ペロシ米下院議長(民主党)は28日、民主党議員らが新たに2兆2000億ドル規模の新型コロナウイルス経済対策法案を用意したとし、同案は経済支援コストを軽減するための妥協案だと明らかにした。[nL4N2GP4AH]

アクシ・コープのマーケット・ストラテジスト、スティーブン・イネス氏は「米景気対策が成立すれば、米国の石油需要拡大に大きく寄与するだろう。現在は特に重大な局面にあり、石油市場が9月前の心理に戻る可能性もある」と述べた。

WTIと北海ブレントは、燃料需要拡大と主要産油国の減産順守に対する期待から、8月に3月上旬以来の高値を付けたが、その後は需要に対する懸念で約3ドル下落している。

カナダでは人口の最も多い2州を中心に、新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増している。ケベック州は28日、一部地域でバーやレストランの営業を制限すると発表。オンタリオ州の首相は「より複雑」な感染第2波に警戒感を示した。[nL4N2GP4BG]

日本の8月の原油輸入は約26%減少した。

市場は、米国の需要動向を探る手掛かりとして、29日発表の米石油協会(API)の統計と30日発表の米エネルギー情報局(EIA)の統計に注目している。

ロイターのアナリスト調査によると、今月25日までの1週間の米原油在庫の予想は140万バレル増。ガソリン在庫の予想は160万バレル減、留出油在庫の予想は80万バレル減。

供給面では、旧ソ連のアゼルバイジャンとアルメニアの間で勃発したナゴルノカラバフ地域を巡る戦闘に注目が集まっている。アナリストは、対立が激化すれば、アゼルバイジャンからの石油・ガス輸出に影響が出る可能性があると指摘している。[nL4N2GP3QZ]

アゼルバイジャンの主要石油パイプラインは、ジョージア(グルジア)を経由してトルコの地中海沿岸に至る。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up