for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物2%安、米追加対策への期待後退や原油在庫増で

米国時間の原油先物は約2%下落した。米国の新型コロナウイルス追加経済対策への期待感が後退したほか、米原油在庫の増加を受けた。イラク・バスラで3月撮影(2020年 ロイター/Essam Al Sudani)

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 米国時間の原油先物は約2%下落した。米国の新型コロナウイルス追加経済対策への期待感が後退したほか、米原油在庫の増加を受けた。

清算値は、北海ブレント先物LCOc1が0.66ドル(1.6%)安の1バレル=41.99ドル。米WTI原油先物が0.72ドル(1.8%)安の39.95ドル。

メドウズ米大統領首席補佐官は7日、包括的な新型コロナウイルス経済対策の実現を「楽観視していない」とし、トランプ政権は個別のアプローチを支持していると述べた。

BNPパリバのコモディティー調査部門責任者、ハリー・チリンギリアン氏は「トランプ氏の追加対策を巡る協議停止は米経済を巡る多くの不確実性を生み出す」と述べた。

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が7日発表した週間石油統計によると、米原油在庫USOILC=ECIは50万1000バレル増と、ロイターがまとめたアナリスト予想(29万4000バレル増)を上回った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up