for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物は上昇、OPECプラスの減産幅維持とワクチン期待で

 11月17日、アジア時間の原油先物は上昇している。ガザで8月撮影(2020年 ロイター/ Mohammed Salem)

[シンガポール 17日 ロイター] - 17日アジア時間の原油先物は上昇。 石油輸出国機構(OPEC)にロシアなど非加盟産油国を加えた「OPECプラス」が少なくとも3カ月間は減産幅を現状で維持するとの期待や有効な新型コロナウイルスワクチンを巡るニュースが原油相場を支えた。

0104GMT(日本時間午前10時04分)現在、北海ブレント先物の1月限LCOc1は0.16ドル(0.4%)高の1バレル=43.98ドル。米WTI先物12月限CLc1は0.13ドル(0.3%)高の41.47ドル。

バイオ医薬大手の米モデルナMRNA.Oが16日、新型コロナウイルスワクチンの後期臨床試験(治験)で94.5%の効果が確認されたとする暫定結果を発表したことを受け、株式市場は上昇。

米製薬大手ファイザーPFE.Nも先週、開発中のワクチンの有効率が90%を超えたと発表している。

アクシのチーフストラテジスト、スティーブン・イネス氏は「複数の有効性が高いワクチンの供給が控える中で景気回復をとりわけ原油市場の視点で判定すれば、2021年の後半に輸送活動量がコロナ前の水準近くまで回復する十分な可能性がある」とした。

OPECプラスの共同閣僚監視委員会(JMMC)は17日に会合を開く予定で、11月30日─12月1日の総会での生産計画の変更を勧告する可能性がある。関係者は16日、OPECプラスが石油価格支援に向け、来年1月に予定している200万バレルの減産幅縮小を少なくとも3カ月先送りすることを検討していると明らかにした。

中国の原油処理量は10月に過去最高を記録、同国の原油需要の急速な回復を浮き彫りにした。

バーンスタイン・エナジーのアナリストは「中国の石油需要はコロナ前の水準を上回っており、需要へのダメージが恒久的ではないことを示唆している」と分析した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up