for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物上昇、ブレントは一時60ドル突破 減産や景気刺激策期待で

2月8日、アジア時間の取引で、原油先物は上昇。北海ブレント先物は1バレル=60ドル台に迫っている。米テキサス州ミッドランドの油田で2018年8月撮影(2021年 ロイター/Nick Oxford)

[シンガポール 8日 ロイター] - 8日の原油先物は上昇し、1年強ぶりの高値を付けた。北海ブレント先物は一時1バレル=60ドルを突破。主要産油国による協調減産と米国の追加刺激策への期待感が背景にある。

期近の北海ブレント先物(4月限)は一時、昨年1月以来の高値となる60.06ドルを付けた。0537GMT(日本時間午後2時37分)時点で0.64ドル(1.1%)高の59.98ドル。

米WTI先物(3月限)は0.65ドル(1.1%)高の57.50ドルと、昨年1月以来の高値。

石油輸出国機構(OPEC)にロシアなど非加盟産油国を加えた「OPECプラス」による減産に加え、サウジアラビアは2月と3月の産油量を追加で削減すると約束しており、グローバル市場の均衡と価格支援に寄与している。

OCBCのエコノミスト、ハウイー・リー氏によると、サウジは先週、アジア向け月間原油価格について、小幅引き下げ予想にもかかわらず据え置いた。同氏はこれについて「非常に強気のシグナル」とした上で、「サウジがこのような姿勢の時に市場であえてショートポジションを取ろうとする者がいるとは思えない」と付け加えた。

また、ANZのアナリストは「(先週末発表の)米雇用統計が低調だったことで、追加刺激策への期待が強まった」と指摘した。

このほか、ドル安も資源相場を支援している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up