for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物6%下落、欧州のコロナ規制やワクチン接種遅れで

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 米国時間の原油先物価格は約6%下落した。欧州での新たな新型コロナウイルス規制やワクチン接種の遅れなどが背景。

清算値は北海ブレント先物が3.83ドル(5.9%)安の1バレル=60.79ドル。米WTI先物は3.80ドル(6.2%)安の57.76ドル。両先物とも2月9日以来の安値付近。

ライスタッド・エナジーのBjornar Tonhaugen氏は「原油価格が再び下落したのは、先週の調整が不十分だったことや、このところの市場がパンデミック(世界的大流行)のリスクを軽視して過度に強気であることを示している」と述べた。

欧州最大の石油消費国であるドイツは、ロックダウン(都市封鎖)を4月18日まで延長することを決めた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up