for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米原油先物1.5%安、インド感染悪化で需要に懸念

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米国時間の原油先物価格は1カ月ぶり高値から下落した。新型コロナウイルス感染が悪化している世界第3位の原油輸入国インドでの制限措置に懸念が高まった。

清算値は、北海ブレント原油先物が0.48ドル(0.7%)安の1バレル=66.57ドル。一時は3月18日以来の高値となる68.08ドルを付けた。米WTI原油先物は0.94ドル(1.5%)下落し、62.44ドル。

リッターブッシュ・アンド・アソシエーツのジム・リッターブッシュ社長は、「米国などの主要先進国以外で大きな進展が見られない限り、パンデミック(世界的大流行)の影響で今年の世界の石油需要予測に下方修正の必要が生じる可能性がある」と語った。

インド政府は20日、新型コロナウイルス感染による1日当たりの死者が1761人と、過去最多を記録したことを明らかにした。新規感染者は25万9170人で世界最多。1日当たりの感染者は6日間にわたって20万人を超えており、国内の多くの地域でロックダウン(都市封鎖)が導入されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up