for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物6日続落、5月以来の安値 コロナ感染拡大巡る懸念で

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 米国時間の原油先物は6日続落し、5月以来の安値を付けた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的な需要減少への懸念やドル高が背景。

今年上半期の原油市場は上昇基調だったが、7月上旬からは約15%下落している。プライス・フューチャーズ・グループのフィル・フリン氏は「多くの投資家がロングポジションを解消しているようだ」と述べた。

清算値は、北海ブレント原油先物が1.78ドル(2.6%)安の1ドル=66.45ドル。一時65.57ドルまで下げ、5月21日以来の安値を付けた。米WTI原油先物は中心限月が1.71ドル(2.6%)安の63.50ドル。序盤には62.41ドルと同じく5月21日以来の安値となった。

両先物とも6日続落し、2020年2月以降で最長となった。

出来高は北海ブレントが33万枚超。WTIは45万枚超で7月20日以来の高水準だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up