for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物4%超上昇、OPECプラスの供給削減見通しで

米国時間の原油先物は4%超上昇した。石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」による供給削減の可能性が背景。2016年9月撮影(2022年 ロイター/Ramzi Boudina)

[29日 ロイター] - 米国時間の原油先物は4%超上昇した。石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」による供給削減の可能性が背景。

清算値は、北海ブレント先物が4.10ドル(4.1%)高の1バレル=105.09ドル。米WTI先物は3.95ドル(4.2%)高の1バレル=97.01ドル。

サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は先週、OPECには減産する用意があると述べていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up