for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物は下落、中国のコロナ規制強化を嫌気

原油先物は下落。中国の新型コロナウイルス関連規制が強化されたことが伝わり、原油需要に下押し圧力がかかるとの懸念で売られた。写真は原油貯蔵タンク、米オクラホマ州、2020年4月撮影(2022年 ロイター/Drone Base)

[シンガポール 31日 ロイター] - 原油先物は下落。中国の新型コロナウイルス関連規制が強化されたことが伝わり、原油需要に下押し圧力がかかるとの懸念で売られた。

北海ブレント先物は0151GMT(日本時間午前10時51分)時点で0.36ドル(0.4%)安の1バレル=95.41ドル。

米WTI先物は0.23ドル(0.3%)安の87.67ドル。

SPIアセットマネジメントのスティーブン・イネス氏は、世界最大の原油輸入国である中国のコロナ規制拡大で必然的に同国の需要への懸念が強まったと指摘。

ただ、米最大シェール鉱区パーミアンで操業する米石油生産大手の生産性と生産の伸びが鈍化している兆候があるため、WTIの下値は限定的になった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up