for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物は反発、中国の需要回復期待で

 アジア時間25日の原油先物は反発。新型コロナウイルス規制解除後の中国での需要回復期待が相場を支えている。写真は米テキサス州で2019年11月撮影(2023年 ロイター/Angus Mordant)

[東京 25日 ロイター] - アジア時間25日の原油先物は反発。新型コロナウイルス規制解除後の中国での需要回復期待が相場を支えている。

北海ブレント先物は0214GMT(日本時間午前11時14分)時点で0.59ドル高の1バレル=86.72ドル。米WTI先物は0.46ドル高の80.59ドル。

市場筋によると、米石油協会(API)の週間統計で20日までの週に国内原油在庫が前週比約340万バレル増え、ロイターがまとめたアナリスト予想(約100万バレル増)の3倍の増加幅を記録した。

ただ、日産証券の菊川弘之氏は、米国の数週間前の寒波による供給停滞の影響がデータに表れるのは今後数週間に限られる見通しで、在庫増は一時的となる見込みだと指摘。

中国の燃料需要が今年後半に回復するとの期待が高まっており、市場心理を支える可能性が高いと述べた。WTI先物は向こう数週間に75─85ドルのレンジで取引すると予想した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up