May 30, 2016 / 11:01 PM / 2 years ago

原油先物が小幅上昇、OPEC総会控え振れやすい地合い

 5月31日、原油先物は米国が休場で薄商いのなか小幅上昇。OPEC総会が2日に開かれるが、市場は生産面での合意は見込んでいない。OPECのロゴ、ウィーンで30日撮影(2016年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

[30日 ロイター] - 原油先物は米国が休場で薄商いのなか小幅上昇。石油輸出国機構(OPEC)総会が2日に開かれるが、市場は生産面での合意は見込んでいない。WRGエコノミクスのエネルギーエコノミストは「(総会では)何ら合意は得られれず、市場シェア獲得に向けて基本的に生産したいだけ生産することになるとの見方が強い」と指摘。

その上で総会に向けて相場は振れやすくなるとの見通しを示した。

北海ブレント先物LCOc1は下落から上昇に転じて清算値は0.44ドル高の49.76ドル。

米原油先物CLc1は1839GMT(日本時間午前3時39分)現在0.27ドル高の49.60ドル。市場休場のため清算値は算出されない。

*カテゴリーと写真を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below