Reuters logo
原油先物が小幅安、ドル高や米原油在庫・生産の増加で
2017年9月21日 / 02:26 / 1ヶ月前

原油先物が小幅安、ドル高や米原油在庫・生産の増加で

[シンガポール 21日 ロイター] - アジア時間21日午前の取引で原油先物は小幅安。ドル高に加え、米原油在庫と原油生産が増加したことが要因とされる。

 9月21日、アジア時間午前の取引で原油先物は小幅安。ドル高に加え、米原油在庫と原油生産が増加したことが要因とされる。写真は5月にテキサス州で撮影(2017年 ロイター/Ernest Scheyder)

0134GMT(日本時間午前10時34分)現在、北海ブレント原油先物LCOc1は0.16ドル(0.3%)安の1バレル=56.13ドル。

米WTI原油先物CLc1は0.01ドル安の1バレル=50.68ドル。

市場筋は、ドル高がブレントの重しとなり、米国での原油在庫と原油生産の増加がWTIの売り材料と指摘する。

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)の週間石油在庫統計によると、9月15日までの週の米原油在庫は約460万バレル増加。増加は3週連続となった。

一方、米原油生産はメキシコ湾岸を襲ったハリケーン「ハービー」の被害からの復旧が進む中、前週から増加し、日量951万バレルとなった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below