February 19, 2018 / 12:47 AM / 7 months ago

原油先物は上昇、上値は限られる

[東京 19日 ロイター] - アジア時間の原油先物相場は上昇したが、上値は限られている。ドルは前週16日に3年以上ぶりの安値を付けた後、やや回復している。

 2月19日、アジア時間の原油先物相場は上昇したが、上値は限られている。ドルは前週16日に3年以上ぶりの安値を付けた後、やや回復している。写真は米石油サービス会社ベーカー・ヒューズの施設。ノースダコタ州で2016年4月撮影(2018年 ロイター/Andrew Cullen)

18日2348GMT(日本時間19日午前8時48分)時点で、米WTI原油先物CLc13月限は5セント(0.1%)高の1バレル=61.73ドル。前週は4.2%上昇した。

北海ブレント先物LCOc1は15セント(0.2%)高の64.99ドル。前週は3%超上昇していた。

米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した16日までの1週間の国内石油掘削リグ稼働数は798基で、前週から7基増加し、2015年4月以来の高水準となった。

米国の石油掘削リグの稼働数はこれで4週連続で増加した。リグ稼働数の4週連続増は昨年6月以来。リグの稼働数は、前年同時期の597基から大幅に増加している。

米国における産油量の増加は、石油輸出国機構(OPEC)やロシアなど主要産油国による減産努力に水を差している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below