February 26, 2018 / 12:59 AM / 7 months ago

原油先物は高値維持、輸出制限継続とのサウジ高官発言で

[東京 26日 ロイター] - アジア時間の原油先物相場は約2週間ぶりの高値近辺で小動き。石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産に沿った輸出制限を継続するとのサウジアラビア高官による発言が下支えしている。

2月26日、アジア時間の原油先物相場は約2週間ぶりの高値近辺で小動き。石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産に沿った輸出制限を継続するとのサウジアラビア高官による発言が下支えしている。写真はユタ州の石油句作施設。昨年10月撮影(2018年 ロイター/Andrew Cullen)

2340GMT(日本時間午前8時40分)時点で米WTI原油先物CLc1は0.02ドル高の1バレル63.57ドル。前週は3%高だった。

北海ブレント先物LCOc1は0.04ドル安の67.27ドル。前週は約4%高。

サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は24日、訪問先のニューデリーで、協調減産で合意しているOPEC加盟国と非加盟産油国は来年の合意期限終了後、生産抑制の方針を緩めて石油市場を安定化させる恒久的枠組みを構築できれば望ましいとの見解を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below