March 13, 2018 / 3:19 AM / 9 months ago

原油先物は続落、米原油生産高止まりを懸念

 3月13日、アジア時間午前の取引で、原油先物は続落。米原油生産の増加が続いていることへの懸念が重しとなっている。写真はテキサス州デヴィット郡の石油掘削機。2016年1月撮影(2018年 ロイター/Anna Driver)

[シンガポール 13日 ロイター] - アジア時間13日午前の取引で、原油先物は続落。米原油生産の増加が続いていることへの懸念が重しとなっている。

0122GMT(日本時間午前10時22分)時点で、米原油先物CLc1は0.16ドル(0.2%)安の1バレル=61.20ドル。北海ブレント原油先物LCOc1は同0.15ドル(0.2%)安の64.80ドル。

米エネルギー情報局(EIA)は12日付の月間生産性リポートで、4月の国内シェールオイル生産が前月比13万1000バレル増の日量695万バレルとなり、過去最高に達するとの見通しを示した。

ANZは13日、原油価格の下落について「米原油生産の急増で米国の在庫が増加しかねないとの懸念が背景にある」と分析した。

米国の原油生産は2017年終盤に日量1000万バレルを超え、サウジアラビアを上回った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below