May 16, 2018 / 1:28 AM / 10 days ago

原油先物は軟調、米原油在庫が増加

[シンガポール 16日 ロイター] - アジア時間の取引で、原油先物価格が下落している。石油輸出国機構(OPEC)の協調減産が続く上、米国の対イラン制裁でも減産が予想されているものの、米原油在庫の増加を背景に高水準の供給が見込まれていることが背景。

 5月16日、アジア時間の取引で、原油先物価格が下落している。石油輸出国機構(OPEC)の協調減産が続く上、米国の対イラン制裁でも減産が予想されているものの、米原油在庫の増加を背景に高水準の供給が見込まれていることが背景。写真はクッシングの原油貯蔵タンク群。2016年3月撮影(2018年 ロイター/Nick Oxford)

0024GMT(日本時間午前9時24分)時点で、北海ブレント先物LCOc1は、0.36ドル(0.5%)安の1バレル=78.07ドル。

米原油先物は0.28ドル(0.4%)安の71.02ドル。

米石油協会(API)が公表した統計によると、11日までの1週間の国内原油在庫は前週比490万バレル増の4億3560万バレルとなった。アナリスト予想は76万3000バレル減だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below