May 28, 2018 / 2:01 AM / 24 days ago

原油先物は大幅安、サウジ・ロシア・米の増産見通しで

[シンガポール 28日 ロイター] - アジア時間28日午前の取引で、原油先物は大幅安。原油需要が堅調な中での供給懸念に対応するため、サウジアラビア、ロシア、米国の3大産油国の増産見通しが背景にある。

 5月28日、アジア時間28日午前の取引で、原油先物は大幅安。原油需要が堅調な中での供給懸念に対応するため、サウジアラビア、ロシア、米国の3大産油国の増産見通しが背景にある。写真はロシアのナホトカ東部の港にある石油貯蔵タンク。昨年11月撮影(2018年 ロイター/Yuri Maltsev)

0100GMT(日本時間午前10時)過ぎの時点で、米WTI原油先物CLc1は2%超急落し、1バレル=66.30ドル。

北海ブレント先物LCOc1も1%超下げ、同75.38ドル。

石油輸出国機構(OPEC)を事実上代表するサウジアラビアとOPEC非加盟の産油国であるロシアは25日、両国のエネルギー相が協調減産の緩和を協議中だと表明。協調減産に合意した産油国の原油生産を日量100万バレル(bpd)程度引き上げることを協議しているもよう。

一方、米国の原油生産にも減速の兆しは見られない。米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが公表した25日終了週の国内石油掘削リグ稼働数は前週比15基増の859基で、2015年3月以来の高水準だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below