May 30, 2018 / 1:26 AM / 3 months ago

原油先物はまちまち、サウジ・ロシア増産見通しが重しに

[東京 30日 ロイター] - 30日アジア時間序盤の取引で原油先物価格はまちまち。サウジアラビアとロシアが増産するとの見方が重しとなっている。

 5月30日、アジア時間序盤の取引で原油先物価格はまちまち。サウジアラビアとロシアが増産するとの見方が重しとなっている。写真はロシア連邦タタルスタン共和国の石油掘削リグ施設。昨年7月撮影(2018年 ロイター/Sergei Karpukhin)

サウジアラビアとロシアは石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟産油国の原油生産を日量100万バレル(bpd)引き上げることを協議。ベネズエラとイランからの供給が細る可能性に対応するため。

0015GMT(日本時間午前9時15分)現在、北海ブレント先物LCOc1は1セント安の1バレル=75.38ドル。29日清算値は9セント高だった。

米WTI原油先物CLc1は13セント(0.2%)高の1バレル=66.86ドル。29日清算値は1.15ドル安だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below