August 20, 2018 / 1:28 AM / a month ago

原油先物は一転上昇、貿易戦争懸念和らぐ

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 20日の米国時間取引で原油先物は上昇した。米国の制裁でイランからの供給減が懸念される一方、米中貿易摩擦が経済成長に及ぼす影響を巡っては不安が和らいだ。

 8月20日、原油先物は小幅安。世界的な経済成長鈍化への懸念が重しとなっている。

アジア時間では、世界経済の成長鈍化懸念が重しとなり、やや値下がりしていた。

清算値は米WTI原油先物CLc1が0.52ドル(0.79%)高の1バレル=66.43ドル。北海ブレント先物LCOc1は0.38ドル(0.53%)高の同72.21ドルだった。

*情報を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below