August 22, 2018 / 1:52 AM / a month ago

原油先物は上昇、米原油在庫減と対イラン制裁への懸念で

[ソウル 22日 ロイター] - 22日の取引で原油先物価格は上昇。米原油在庫の減少のほか、米国の制裁に伴いイラン産原油が11月から不足する可能性があることが相場を後押ししている。

 8月22日、同日の取引で原油先物価格は上昇。米原油在庫の減少のほか、米国の制裁に伴いイラン産原油が11月から不足する可能性があることが相場を後押ししている。写真はノースダコタ州の油田。2014年11月撮影(2018年 ロイター/Andrew Cullen)

0109GMT(日本時間午前10時09分)現在、北海ブレント先物LCOc1は前営業日終値比18セント(0.25%)高の1バレル=72.80ドル。

米WTI原油先物CLc1は26セント(0.39%)高の1バレル=66.10ドル。

米石油協会(API)が公表したデータによると、国内原油在庫は8月17日までの週に520万バレル減少し、4億0560万バレルとなった。アナリストは150万バレルの減少を見込んでいた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below