September 3, 2018 / 1:21 AM / 21 days ago

北海ブレント先物が小幅安、OPEC増産や米リグ稼働数増加で

[シンガポール 3日 ロイター] - アジア時間の原油先物市場では、石油輸出国機構(OPEC)の生産量増加や米国のリグ稼働数増加を受けて北海ブレント先物が小幅安となっている。

 9月3日、アジア時間の原油先物市場では、石油輸出国機構(OPEC)の生産量増加や米国のリグ稼働数増加を受けて北海ブレント先物が小幅安となっている。写真はテキサス州の石油掘削リグ。8月撮影(2018年 ロイター/Nick Oxford)

0046GMT(日本時間午前9時46分)現在、北海ブレント先物LCOc1は前営業日終値比0.05ドル安の1バレル=77.59ドル。

米WTI原油先物はほぼ横ばいの69.81ドル。

ロイター調査によると、石油輸出国機構(OPEC)の8月産出量は、前月から日量22万バレル(bpd)増の3279万バレルとなり、2018年で最高水準となった。

また、ベーカー・ヒューズが公表した31日終了週の国内石油掘削リグ稼働数は前週比2基増の862基で、3週間ぶりに増加した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below