October 23, 2018 / 8:50 PM / a month ago

原油先物急落、世界株安やサウジの供給拡大示唆で

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 米国時間の原油先物は急落した。世界株安で需要の伸びを巡る不安が高まったほか、サウジアラビアが必要なら速やかに供給を増やす可能性を示唆し、米国の対イラン制裁を控えた懸念が和らいだ。

清算値は、北海ブレント先物LCOc1が4.25%(3.39ドル)安の1バレル=76.44ドル。一時、5%急落して同75.88ドルと9月7日以来の安値を付ける場面もあった。

米WTI原油先物CLc1は2.93ドル安の66.43ドル。一時は5.2%下落し、8月20日以来の安値水準となる65.74ドルに沈んだ。

いずれも下落率は7月以来の大きさとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below