October 30, 2018 / 8:35 PM / 13 days ago

原油先物が1%強下落、供給増や貿易戦争懸念で

[ニューヨーク 30日 ロイター] - 米国時間の原油先物は1%強下落した。供給増の兆候のほか、世界経済成長や燃料需要が米中貿易戦争の影響を受けるといった懸念が重しとなった。

清算値は北海ブレント先物LCOc1が1.43ドル(1.85%)安の1バレル=75.91ドル、米WTI原油先物CLc1は0.86ドル(1.28%)安の66.18ドルだった。

取引時間中に北海ブレント先物が一時、75.09ドルと8月24日以来の安値に下落。米WTI原油先物も65.33ドルと8月17日以来の安値を付ける場面があった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below