November 5, 2018 / 1:23 AM / 10 days ago

原油先物は小幅下落、イラン産原油禁輸の一部適用除外で

 11月5日、アジア時間の原油先物は小幅下落。イラン産原油を対象とした米国の制裁再開を巡り、米政府が一部の国による輸入継続を当面容認する方針を示したことが背景。写真はテキサス州の石油掘削ポンプ。8月に撮影(2018年 ロイター/Nick Oxford)

[シンガポール 5日 ロイター] - アジア時間の原油先物は小幅下落。イラン産原油を対象とした米国の制裁再開を巡り、米政府が一部の国による輸入継続を当面容認する方針を示したことが背景。

0030GMT(日本時間午前9時30分)時点で北海ブレント先物LCOc1は0.30ドル(0.4%)安の1バレル=72.53ドル。

米WTI原油先物CLc1は0.27ドル(0.4%)安の62.87ドル。

米政府は2日、イラン産の原油禁輸措置で8つの国・地域への適用を5日の制裁再開後も一時免除する方針を表明した。[nL3N1XD2X8]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below