November 15, 2018 / 9:45 PM / a month ago

米原油先物は続伸、米ガソリン在庫減少やOPEC減産の可能性受け

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米国時間の取引で、原油先物は続伸した。米ガソリン在庫が減少したほか、石油輸出国機構(OPEC)による減産の可能性が意識された。

清算値は、北海ブレント先物LCOc1が0.50ドル高の1バレル=66.62ドル。米WTI原油先物CLc1は0.21ドル高の56.46ドルとなった。

米エネルギー情報局(EIA)が発表した前週の週間原油在庫は1030万バレル増加し、週間の増加量としては昨年2月以来の大きさとなった。アナリスト予想では320万バレルの増加だった。

ただ、ガソリン在庫は140万バレル、留出油在庫は360万バレル、それぞれ減少した。アナリストは、これが原油価格上昇につながったと指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below