November 19, 2018 / 1:24 AM / 23 days ago

原油先物、OPEC減産期待で上昇 需要鈍化背景に地合いは軟調

 11月19日、アジア時間の原油先物は上昇。サウジアラビア主導で石油輸出国機構(OPEC)が年末に向けて減産で合意するとの期待が相場を支援している。写真はカラカスのガソリンスタンドで2日に撮影(2018年 ロイター/Marco Bello)

[シンガポール 19日 ロイター] - アジア時間の原油先物は上昇。サウジアラビア主導で石油輸出国機構(OPEC)が年末に向けて減産で合意するとの期待が相場を支援している。

ただ、貿易を巡る米中の対立が浮き彫りになる中、需要鈍化の兆しを背景に地合いは引き続き弱い。

0045GMT(日本時間午前9時45分)時点で北海ブレント先物LCOc1は前営業日終値比0.53ドル(0.8%)高の1バレル=67.29ドル。

米WTI原油先物CLc1は0.61ドル(1.1%)高の57.07ドル。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below